2016年04月02日

ラブライブ!μ's Final LoveLive!〜μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜に参加してきた


live_logo.png


ラブライブ!の最後のライブの最終日に、ライブビューイングで見てきた。



正直に言うと、自分の中でラブライブ!に対する熱は冷めつつあった。
アニメも終わって暫く経つし、スクフェスもやらなくなったし、曲もあまり聴かなくなった。

でも過去に大好きだった作品だから、最後だけは参加しようということで、
最終日にライブビューイングの会場へとそれほど乗り気ではない足を運んだ。




結論から言うと、やっぱりラブライブ!は最高だなって思った。
誰かが言った「地球は青かった」と同じように「ラブライブ!は最高だった」。

仕事が忙しいからとライブビューイングにしたけど、現地の東京ドームで見たかったと
今になって遅すぎる後悔が押し寄せてくる。




どこがどう凄いか、みたいな解説じみたことは書かないけど。

一人ひとりが、このライブに向けてどれだけ努力してきたか、苦労してきたか、
そしてどれだけ楽しみにしてきたかがビューイングでも痛いほど伝わってきた。



単に曲を歌って踊るだけではなく、いろんなところでも書かれているけど、
まるでラブライブ!の9人がそのまま現実に現れたように感じた。
μ'sは18人であり、それでいて9人なんだと思う。



アニメーションやCGだと派手な振り付けをいくらでもこなせるけど、
現実でも全く同じ振り付けを行うって相当な体力が必要だと思う。
現実のμ'sはそれを見事にやり遂げていた。
しかも今回は約5時間を二日間連続で。
今までのライブとは比べ物にならないほどハードだったと思う。
最後の最後まで笑顔で歌っていた9人に、今まで以上に本気を感じた。

うっちーの声が枯れて出なくなったり、何回か歌詞を間違えたり、
ハードなスケジュールだったこともあってかいくつかのアクシデントもあったけど、
それも含めて、今回の最後のライブは最高だった。






μ'sのみんなが歳を取って、声優やアーティスト、グラビアアイドルとかの仕事を辞めて、
メディアから消えたとしたも、ラブライブ!としてのμ'sは
ラブライバーの心の中にずっと輝き続ける存在になると思う。
ずっと輝かせることが、僕等ラブライバーの最後の使命だと思ってる。






いつか結婚して、幸せな家族を築いてこどもに恵まれたとき、
こどもが物心付いたらラブライブ!を紹介したい。
「パパが若いころはな、こんなすごいのがあったんだぜ」って言って、
アニメやライブをBlu-rayで見せてやりたい。
テレビ付近のラックに、埃を被りながらもずっと保管しておきたい。



20160402_011630.jpg

μ'sic Forever







posted by 凛廻 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。